あ行

網入りガラス

板ガラスをロールアウト法によって製造する際、菱型や格子型、亀甲型の金網を封入する。用途は「延焼の恐れのある部分」の建具のほか、破損時のガラス破片の落下や飛散を最小限に抑える場所に使う。

荒板

丸太を製造したままの板のこと。


田舎間

基準尺の一つで、京間に対して田舎間がある。京間の1間が6尺5寸(約1.97m)であるのに対して田舎間の1間は、6尺(1.82m)である。

内断熱工法(充填断熱工法)

天井裏や床下、壁の中など、躯体の隙間に断熱材を入れる工法。


内法

柱や出入り口、窓などに対する二つの部材の内側から内側までの距離をいう。

横架材

建築を構成する骨組で、横に架け渡された構造材のこと。梁・桁・棟木・母屋・胴差・土台などをいう。


大壁

建物の内外の壁において、仕上材などで柱や梁の構造材を隠した壁の構法。


か行

外構工事

建物本体以外の外部回りの工事のこと。舗装工事・縁石及び側溝工事・造園植栽工事など。

外断熱工法(外張り断熱工法)

構造体の外側を断熱材でくるむもの。この工法は、気密性がよくなり、室内と構造体が同じ空気環境になるので、壁の内部結露が発生しにくくなる。


瓦棒葺き

金属板平板葺きの一つ。

基礎

上部構造からの荷重を基礎に伝える下部構造の総称。形式により、独立基礎・布基礎・複合基礎・べた基礎などがある。


鬼門

一般住宅において、鬼門・裏鬼門(西南の方位)には屋敷神を祭り、不浄物を避けることなどが言い伝えられているが、科学的な根拠はない。

境界線

敷地とそれ以外との境を表す線で、建築物はこの境界を越えて建築はできない。


切妻

屋根形式のひとつ。棟から両側に勾配屋根の流れをもつ形式のこと。

珪藻土

プランクトンの死骸が海底や湖底に堆積してできた、粘土状の泥土で、多孔質であるために調湿性・吸音性・吸臭性などの特性をもつ。


高断熱・高気密

省エネルギー型の住宅を実現する手法で、気密性と断熱性を高めて熱エネルギーの損失を抑える。

腰壁

上下の壁の仕上げや構造が変わる場合、下部の壁をいう。


さ行

軸組工法

構造体が柱や、梁などの軸部材の組合せで構成される工法のこと。

地鎮祭

建築の着工に先立ち、地の神を鎮め、これからの工事の安全を祈願するための儀式のこと。


地盤調査

建物を支える地盤の性状調査を建築の設計に先立ち行うこと。

集成材

木材を乾燥し、欠点を取り除き厳選した「ラミナ」と呼ぶ挽き板や小角材等を繊維方向を平行にして長さ・幅・厚さ方向に接着剤で集成した木材加工二次製品のこと。


上棟式(棟上げ)

新築への祝福とその守護を感謝し、工事の無事完成を祈願するために、建前を行い棟木を納めた時に行われる儀式。

シロアリ

わが国の木造建築における代表的な害虫であり、ヤマトシロアリとイエシロアリがよく知られている。


筋交い

四角形の軸組みの対角線に入れ、水平力に耐えるトラス構造を構成する部材のこと。

制震

柱や梁に直接ダンパーなどを組み込んで、建物の揺れを軽減するというもので、「耐震」と「免震」の中間の考え方。


セットバック

道路の日当たりや、通風および防災を考えて、建物を道路から後退させて建てること。


た行

耐震

柱と柱の間に筋交いを入れたり、柱や梁自体を太くすることで、建物をより強固にして地震による倒壊の危険性を軽減させること。

建前

木造住宅の骨組を現場で組み立てる作業のことで、土台敷きから始まり、棟木の組上げまでをいう。


注文住宅

施主から依頼を受け、その要望に応じて建てる住宅のこと。要望に対しては、設計および、施工に対して、細やかな対応が可能となる。

坪単価

建物の全体または、部分の建築費を延べ床坪数で除した金額のこと。建物の工事金額や仕様グレードを比較する場合の一つの目安とされる。しかし、工事床面積の大きさや、詳細な工事仕様確認した上でないと坪単価だけでは比較できない場合も多い。


通し柱

複数階を貫く柱で、建方の際に定木(じょうぎ)的な役割をもつ。

トップライト

屋根面に設ける採光用天窓のこと。


は行

ペアガラス

空気層を挟んでガラスを2層(3層)用いた板ガラスのこと。空気層の断熱効果によって1枚のガラスに比べ、断熱性能が2倍になる。結露防止・防音効果も備わる。


ま行

免震

建物と基礎の間に免震装置を組み込み、衝撃を吸収させることで、地震の揺れが建物に伝わらないようにすること。


や行

雪見障子

障子の下半分に透明ガラスを入れ、小障子を上げると外が見えるようにしたもののこと。